水戸ー棚倉ー白河

 4月10日、天気も穏やかに晴れわたったこの日は

先月27日に全線復旧した水郡線に乗ってきました。

まずは小山駅から水戸線に乗って水戸駅へ移動。

水戸駅からは水郡線の郡山行きに乗車。

水郡線は令和元年東日本台風による久慈川の増水で

袋田~常陸大子に架かる鉄橋が流出し、代行バスによる運転が

続いていました。常陸大子には水郡線の運行拠点があるため、

この間が不通となったことで車両の運用に大きな支障が出ていましたが、

今年3月27日、めでたく復旧を果たしました。

このまま終点の郡山まで乗り通すのが普通なのでしょうが、

ここは趣向を変えて、磐城棚倉駅で下車。

1時間ほど滞在して近くにある棚倉城跡を散策するなどしました。

磐城棚倉駅からはJRバス白棚線に乗ってみることにしました。

この路線はかつて鉄道が敷かれていた線路跡がバス専用道として

使われていることで有名なところです。

単線の幅しかない専用道をバスが走っていくのはおもしろい。

私道のため補修が遅れているのか、直線的な見かけとは裏腹に

想像以上に振動が大きく乗り心地が悪かったですけどね。

終点の白河駅まで乗車し、その後は新白河駅に移動して

東北新幹線で帰りました。

 

全線復旧した別所線にお祝い詣で

 4月3日、先週末に1年5ヶ月ぶりの全線復旧を果たした上田電鉄別所線

お祝い詣でに行ってきました。

この日は晴れて暖かな一日となり、沿線の桜も満開で、

別所線の全線復旧を祝福しているようでした。

上田12時10分発の電車で下之郷まで。

生島足島神社にお参りしてから、くるみそばの昼食をとりました。

1時間後の電車で終点の別所温泉へ。

ここで全線復旧記念乗車券を購入しました。

 

上田駅に戻った後は、しなの鉄道に乗りかえて長野駅へ。

長野駅に到着後、何を血迷ったか、特急しなののグリーン券を購入。

長野16時0分発、特急しなの20号に乗車し、

春の姨捨木曽路を眺めながら、名古屋廻りで帰りました。

 

 

上田電鉄別所線、全線復旧

 一昨年10月の台風で鉄橋が落下して一部不通が続いていた

上田電鉄別所線ですが、3月28日の始発より全線で運転を再開。

1年5ヶ月ぶりに電車が千曲川に架かる赤い鉄橋を渡りました。

これも行政・沿線サポーター・全国の支援者からの理解と協力が

あったからこそ。私も僅かながら寄付をしましたよ。

災害の危険と隣り合わせである地方私鉄にとっては

生き残りの道筋を示す一例になったと思います。

全線復旧おめでとうございます!

 

 

さくらの日、映画鑑賞

 本日3月27日は「さくらの日」だそうです。

今年は桜の開花が早く、関東以南は概ね満開となった上、

今日は天気も安定して暖かく、行楽日和となりました。

 私はというと、終日映画を見ておりました。

「映画プリキュアラクルリープみんなとの不思議な一日」(自宅・BD)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(映画館)

「映画ヒーリングっど♥プリキュア

ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!」(映画館)

 

・「ミラクルリープ」はちょうど劇中が桜の季節だったので

今日に見るとシンクロ感がありましたね。

・「シン・エヴァンゲリオン」はエヴァシリーズの完結ということで

話題になっていたので観てみようかなと。まあ、私は

エヴァンゲリオンTVシリーズをかなり前に見ただけなんですが。

それでも、ええと、映像とか音響とか謎の用語とか超展開とか

とにかくすごかった。これが完結編ですと言われれば

なるほどと、納得できるものがありました。

25年間迷走を続けた「エヴァンゲリオン」シリーズですが、

庵野秀明監督がドキュメンタリー番組でも語っていた通り、

大人はちゃんと落とし前をつけないといけないのですね…

・映画ヒープリは2回目の鑑賞。

今回は全体の流れを把握した上で落ち着いて観られました。

大人も貰える入場者特典もあるし(重要)

ちなみに本日はヒープリの主人公、花寺のどか/キュアグレース役の

声優、悠木碧さんの誕生日でした。

キュアグレースは「ミラクルリープ」では桜モチーフの強化フォーム

「スーパーグレース」に変身しますし、今回の最新映画でも

パートナーフォームのバリアが桜の形になっていたりと「桜」に縁の

あるプリキュアですが、担当声優が「さくらの日」産まれとは、

なんという偶然。

 

 

 

護衛艦「はぐろ」就役

 3月19日、JMU磯子で建造されていた護衛艦「はぐろ」DD-180が

海上自衛隊に引き渡され、無事就役しました。

これで海上自衛隊のミサイル護衛艦は全てイージス艦となり、

悲願のイージス艦8隻体制が実現したことになります。

同時に護衛隊群所属の護衛艦は全てステルス設計の世代に

入れ替わり、名実ともに新しい時代を迎えたわけです。

「はぐろ」はまや型護衛艦の2番艦ですが、

早くも姉の「まや」との外観の違いが見られており、

趣味的にもおもしろい艦となりそうです。

 

 

就役する者あれば退役する者あり。

練習艦「しまゆき」TV-3513退役。

はつゆき型護衛艦の最終番艦として建造されたものの

就役から10年程度で練習艦に転籍して

しまゆき型練習艦1番艦となり、多くの幹部自衛官を育ててきました。

 

空では航空自衛隊で最後まで残ったYS-11

「ファントム」の名で親しまれたF-4FJがラストフライトを迎えました。

 

万座温泉1泊旅行&ヒープリ映画公開

 3月20日春分の日万座温泉に1泊旅行に行ってきました。

年明け以降、四万温泉草津温泉と吾妻エリアの温泉を巡ってきましたが、

今回の万座温泉で一区切りとします。

行きの列車は、もはや使い慣れてしまった特急「草津3号」。

先週のダイヤ改正後では初めての乗車です。

特急列車は長野原草津口止まりなので、普通列車に乗りかえて

万座・鹿沢口へ。

万座・鹿沢口駅からはバスで万座ハイウェーを抜けて万座温泉へ。

この日は万座温泉ホテル「日進館」に泊まりました。

 

この日の夜、宮城県で震度5強の地震が発生し、津波注意報も発令されました。

幸い津波の被害はほとんどなかったようですが、

3月になってから地震が多く、気が抜けませんね。

そして、この日は映画「ヒーリングっど♥プリキュア」の公開日でした。

本来は昨年秋に公開される予定だったものですが、

このご時世の影響で製作が遅れ、まさかの本放送終了後の公開と

なってしまいました。

しかしながら、製作スタッフと声優の方たちが全力で作り上げた

ヒープリの集大成、見届けないわけにはいきません。

 

翌日は万座温泉から軽井沢へ路線バスで抜けて帰りました。

浅間ー白根火山ルートを走る路線バスで、全線を走り通す便は

1日3.5往復しかありません。

この日は全国的に天気が悪く、車窓はあまり優れないものでしたが、

浅間山を一目見ることができたので良しとします。

 

昼過ぎには帰宅したのですが、夕方に再び外出。

いやあ、どうしてもヒープリ映画が気になってしまい、

当初は来週にしようかと思っていたのですが、

「うん初動は大事だよね」などと適当な理由を脳内でつけて、

公開2日目に行くことになりました。

ネタバレ回避しつつの感想としては、

・まさに「ヒープリ」らしい映画

・アクション作画は激しく動いてて見ごたえあるから必見

・シリーズ初の和風フォーム、美しい

・のどかちゃんは最後までのどかちゃんだった

・泣ける

・とにかくめっちゃよかったからぜひ見てほしい!

本来は女児向けのアニメなので自重しようと思っていたのですが、

どうしよう、これは2回目行かないといけないのでは?ってなってます。

 

 

185系「踊り子」「湘南ライナー」ラストラン

 3月12日、185系電車がついに定期運用最終日を迎えました。

 登場から約40年間、東京と伊豆を結ぶ特急「踊り子」や

西湘と都心を結ぶ定員制通勤快速列車「湘南ライナー」に使われて

親しまれてきました。

 最終日となったこの日は多くの鉄道ファンが見送りに集まり、

登場以来ともに運行を支え続けた伊豆急行伊豆箱根鉄道・その他

沿線地域の方たちが線路際で感謝の気持ちを届けていました。

 私は最後の見送りはできませんでしたが、Twitterに流れてくる

盛り上がりの様子を見て楽しんでおりました。

 さようなら、そして今までたくさんの思い出をありがとう。

 185系電車はこれからも私たちの心の中で走り続けます。