東京ー名古屋ー塩尻ー新宿

 天候は安定して秋も深まってきた11月14日、東京駅から新宿駅まで、

東海道新幹線中央本線を乗り継いで秋の東海・甲信地方を一巡りする、

弾丸大回りの旅をしてきました。

東海道新幹線「のぞみ」と中央本線の特急「しなの」「あずさ」を

最短で乗り継げば、1都5県を約6時間半で巡って戻ってくることが

できるのです。

 新幹線の乗客もかなり戻ってきているとのことなので、混雑を避けるために

朝8時過ぎに東京駅を発車する新幹線を使うことにしました。

 名古屋駅からは中央西線の特急「しなの7号」に乗車して塩尻駅まで。

紅葉がピークを迎えた木曽路を振り子電車で駆け抜けます。

木曽川に沿って蛇行する線路を、カーブで車体を右に左に滑らかに傾けて

通過していく特急しなの号。ワイドビューと呼ばれる広い窓の外には

紅葉に彩られた山々と渓谷が流れていき、最高でした。

f:id:sunrise169:20211120001503j:plain

紅葉に彩られた木曽川に沿って進む

 塩尻駅からは20分ほどの乗り継ぎ時間で中央東線の特急「あずさ26号」に

乗車し、終点の新宿駅へ向かいます。

遠くに望む八ヶ岳はうっすらと冠雪。麓の紅葉した山並みとの組み合わせが

映えていました。

f:id:sunrise169:20211120001952j:plain

立場川橋梁から望む晩秋の八ヶ岳

 東京駅から新宿駅まで、最短経路なら約10 km、運賃200円のところを

移動距離753 km、運賃・特急料金計約2万円という大回りの旅でした。

車窓からは太平洋と紅葉した甲信の山並みを一気に眺めることができ、

所要時間に比して濃密な車窓でした。

ずっと座り心地のよい座席に座っていたせいかほとんど疲れることもなく、

不思議なことにあまり遠くに行った気がしませんでした。

 

秋の山形を巡る旅 2日目(温海ー新庄ー古川)

 山形県への1泊旅行2日目はあつみ温泉から。この日も朝から快晴でした。

路線バスでJRのあつみ温泉駅に出ましたが、列車との接続があまりよくなく、

次の列車まで40分以上あったので、駅近くの海岸まで出てみました。

冬になれば荒れる日本海もまだ穏やかな季節。蒼い日本海が綺麗でした。

 あつみ温泉駅からは特急いなほに乗って鶴岡まで移動。

f:id:sunrise169:20211109233326j:plain

あつみ温泉駅に進入する特急いなほ

 鶴岡駅前からは路線バスに乗り、加茂水族館に行ってみることにしました。

加茂水族館は元は鶴岡市の小さな水族館でしたが、来館者数の低迷から

集客のために始めたクラゲの展示が人気を博し、ギネスブックへの登録や

クラゲ由来の緑色蛍光タンパク質の研究で下村脩博士がノーベル賞を受賞した

ことでさらに注目を集め、今では世界一の「クラゲ博物館」になっています。

クラゲは女性や子供にも受けがいいのか、この日もなかなかの盛況でした。

確かにクラゲは一部の種を除くと小型ですし、動きも可愛らしい。

それでいて独特の形態をしていて幻想的・神秘的な雰囲気があり、

見ていて癒される気がします。

 再び鶴岡駅に舞い戻り、普通列車余目駅まで移動。

余目駅からは陸羽西線を走る快速列車「最上川」に乗車しました。

f:id:sunrise169:20211109235257j:plain

余目駅からは新庄行きの快速「最上川」に乗車。

 快速「最上川」は酒田~新庄に1往復だけ設定されている快速列車です。

特に上り便は酒田からの新庄まで途中3駅にしか停車せず、最高速度は95 km/hと

まるで特急のような走りをします。

陸羽西線は狩川駅を過ぎると山形県最長の河川である最上川に沿って

走るようになり、穏やかな最上川の流れと見頃を迎えた紅葉の組み合わせを

眺めることができました。

f:id:sunrise169:20211110000759j:plain

紅葉が美しい最上川に寄り沿って列車は走る

 新庄駅からは陸羽東線の臨時快速列車「快速湯けむり号」に乗車。

この列車は土休日と大型連休時のみ運転される列車で、基本的には指定席を

中心とした編成になっています。沿線に温泉が多い陸羽東線を走ることから、

温泉客の移動に使いやすい時間帯に1往復だけ運転されています。

指定席車にはリクライニングシートを装備した編成が使われており。

ローカル線を走る列車でありながら快適に移動することができます。

上り便は新庄駅で快速「最上川」とも接続しており、両列車を乗り継げば

酒田と仙台が約3時間40分が結ばれ、かつての陸羽横断急行列車を彷彿と

させるのも鉄道ファンとしてはおもしろく感じるところですね。

さらに新庄駅の発車は山形新幹線の観光列車「とれいゆつばさ」と同時。

これは担当者が狙ってダイヤを組んだとしか思えません。

鳴子温泉駅の手前では紅葉で有名な鳴子峡を渡りますが、まさに紅葉シーズンと

いうことで、今にも停まりそうな速度で徐行してくれました。

f:id:sunrise169:20211110004219j:plain

鳴子峡に架かる鉄橋を徐行で通過。

日没とほぼ同時に古川駅に到着。上りの新幹線で帰路につきました。

 今回の旅はお天気に恵まれ、紅葉もまさに見頃という絶好のタイミングであり、

行き先々で秋の素晴らしい景色を見ることができました。

 

秋の山形を巡る旅 1日目(仙台ー山形ー鶴岡)

 11月6日、山形県に一泊旅行に行ってきました。

紅葉は見頃を迎え、天候にも恵まれた最高の秋の行楽日和でした。

 まずは東北新幹線はやぶさで仙台へ移動。観光客もだいぶ戻ってきたようで、

9割近い乗車率で盛況でした。

仙台からは仙山線に乗り換えて面白山高原駅へ。

仙山線は仙台近郊では市内の通勤輸送、全線では仙台~山形の都市間輸送と

異なる性格を併せ持つ路線であり、観光客と地元利用者が同じ列車を使うことに

なるので、仙台発車直後はかなり混雑していました。

作並を過ぎると列車は深い山の中を走るようになり、紅葉に彩られた渓谷が

窓の外を流れていき、目を楽しませてくれます。

県境にある長い仙山トンネルを抜けると、面白山高原駅に到着です。

周囲に集落もない、トンネルと渓谷に挟まれた無人駅ですが、

この季節だけは紅葉を楽しむハイキング客で賑わいます。

さらに駅の上に架かる陸橋は、紅葉に彩られた渓谷と列車を一つの構図に

収めることができる、鉄道ファンとしても嬉しいビューポイントです。

この日は紅葉も光量も十分で、最高の写真を撮ることができました。

f:id:sunrise169:20211109002258j:plain

紅葉の面白山高原を往く仙山線の快速列車

面白山高原駅普通列車しか停車しないため、通過列車と紅葉の組み合わせを

撮りつつ、列車を待つ間に駅周辺の紅葉川渓谷を散策しました。

鮮やかな紅葉が本当に美しかったです。

f:id:sunrise169:20211109013615j:plain

極彩色に彩られた紅葉川渓谷

2時間ほど滞在し、次の普通列車山形駅まで移動しました。

山形駅の駅ビルに入っているとんかつ屋さんで昼食を摂り、

山形駅前から山形自動車道経由の高速バスで鶴岡に向かいました。

山形県内の都市の人口を比較すると、1位が山形市、2位が鶴岡市なのですが、

山形~鶴岡の移動をする人は少ないのか、車内は閑散としていました。

ここ村山地域庄内地域の間には月山・羽黒山がそびえており、

もともと往来は活発ではないのかもしれませんね。

山形市鶴岡市を結ぶ山形自動車道ですが、まだ全通はしておらず、

月山の山麓を越える区間では高速バスも一般道を走行します。

快適な高速道路を走行した後に、曲がりくねった国道を抜け、再び高速道路と

変化に富んだ車窓と走りを楽しめる路線でした。

山形駅前から約2時間で鶴岡駅近くのバスターミナルに到着しました。

f:id:sunrise169:20211109014200j:plain

秋の月山を眺めながら、高速バスで山形県を横断する。

鶴岡に到着後は本日の宿を予約しているあつみ温泉へ移動。

鶴岡からあつみ温泉へは鉄道でも路線バスでも行くことができますが、

鉄道は適当な列車が無かったため、1時間以上かかる路線バスを利用。

鶴岡出発時点で既に日没を迎えていたため、あつみ温泉には完全に暗くなって

からの到着になりました。

あつみ温泉では「かしわや旅館」に宿泊。創業三百年の老舗旅館だそうです。

昭和初期に建てられたという建物はとても趣がありました。

館内やお食事、お風呂はとても家庭的で、どことなく田舎のおばあちゃん家の

ような雰囲気。

豪華なお料理、きれいな露天風呂がある一流旅館もいいですが、こういう

よい意味で古くて不便さの残る旅館もいいものです。

 

 

奥日光・半月山

 10月30日、紅葉が見頃となった奥日光の半月山に行ってきました。

半月山は中禅寺湖の近くにあり、日光連山から足尾山地までを

一望できる、景色がとてもよいビューポイントです。

この日は朝から清々しい秋晴れとなり、絶好の行楽日和でした。

さらに奥日光の中禅寺湖からいろは坂がちょうど紅葉の見頃を迎えており、

緊急事態宣言の解除から1ヶ月という好条件も重なり、この日の奥日光は

朝から大勢の観光客で賑わっていました。

国際観光地・日光にここまで観光客が戻ってきたのは本当に久しぶりじゃ

ないでしょうか。

私も混雑を予想して朝一の急行電車を利用したのですが、予想以上でしたね。

ちなみに乗車した急行電車はリバイバルカラーの6050系でした。

f:id:sunrise169:20211103011047j:plain

6050系リバイバルカラーの急行電車で日光へ出発

午前中に中禅寺湖に着けるように早めに移動したのですが、

日光駅前から出る中禅寺湖・湯元温泉方面の路線バスは

朝8時半の時点で既に20分の遅れが発生していました。

(ちなみに午後には1時間以上の遅れとなりダイヤは崩壊状態に…)

途中のいろは坂で渋滞に嵌まってしまい、中禅寺湖バスターミナルでは

当初予定していた半月山行きのバスには乗り継げず、結局1時間遅れで

半月山駐車場に到着。

 ここから半月山展望台までは徒歩で登ります。

これが予想以上にきつい山道で、足場も不安定なところが多くありました。

ふらっと行ってこれるような案内がされていたけど、全然楽じゃないし

近くもない。実際、山道を登るなんて想定していない服装で来てしまった

観光客(自分も大概)が難儀していました。

誰かが「高尾山みたい」と話していましたが、確かにそんな感じです。

あそこも都心から簡単にアクセスできるけど登ると結構きついですよね。

30分ほど山道を登って山頂近くの展望台に到着すると、素晴らしい景色を

眺めることができました。

f:id:sunrise169:20211103005804j:plain

半月山から望む中禅寺湖と日光連山

秋晴れの空と深く青い水を湛えた中禅寺湖、湖畔を彩る紅葉、

優美な男体山を中心に連なる日光連山。

これぞ秋の奥日光という感じの風景でした。

 展望台が予想以上に狭く、写真を撮ろうとする人たちで渋滞している

状態だったので、数枚だけ写真を撮って直ちに撤収しました。

 

新型コロナウイルスワクチン接種

 新型コロナウイルスワクチンの2回目接種が完了しました。

県の大規模接種を利用し、ワクチンのメーカーはファイザーでした。

9月上旬までは毎週の受付開始と同時に予約枠が埋まっていて、

予約無精な私は予約競争に負け続けていましたが、10月からは一転して

ガラ空き状態になっており、仕事への影響も少ない土曜日の午後を

予約することができました。

メディアやSNSでは発熱など副反応の報告が多数上がり、職場で接種した

同僚からも発熱したという報告が出ていたので、結構身構えていたんですが、

私の場合は結局2回とも大した副反応もなく、接種部位の軽い筋肉痛で

終わってしまいました。個人差が大きいんでしょうね。

 

 

 そして10月26日には日本の全人口の7割が2回接種を完了したようです。

冬が来る前にここまで来れて本当によかった。

実際に接種を行ったのは現場の医療関係者の方々でしょうけど、

自国では開発できなかったワクチンを世界から買い付けて、1億人以上の

国民に2回接種できるように手配した菅内閣の功績は称えるべきだと思います。

「できるわけがない」などと馬鹿にしていたマスメディアさんは悔い改めて。

 

奥日光・湯ノ湖

 10月17日、徐々に紅葉が始まっている奥日光に行ってきました。

朝の天気はぐずついていましたが、これなら人は少なかろうと思いまして。

東武特急「けごん」東武日光駅へ行き、駅前から路線バスで日光最奥の

湯ノ湖に向います。

湯滝入口でバスを降り、小雨降る道を10分ほど歩くと、湯滝に到着します。

落差70m・幅25mもあり、華厳の滝・竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑の一つに

数えられています。ちょうど紅葉が見頃になっていました。

滝を眺められる茶店で鮎の塩焼きにかぶりつきながら一休みした後、

滝の横の遊歩道を上って湯ノ湖まで行きました。

ほんの数週間前は暑いくらいだったのに気温は一気に急降下。

奥日光の辺りは天気の悪さも相まって冬のような寒さになっていました。

寒さに震えながら湖畔を半周しましたが、たまらず次のバスで日光駅

引き返すことにしました。

秋になったと思ったら一気に冬のように冷え込んでしまい、

服装や体調管理に気を付けたいものです。

 

秋めく会津への旅

 10月10日、秋晴れの清々しい日となった日、会津若松まで往復してきました。

以前は10月10日は「体育の日」でしたが、やはりこの時季はスポーツにも

行楽にも向いている気がしますね。

 往路は快速「AIZUマウントエクスプレス1号」に乗車。

会津鉄道所有のリクライニングシート装備の特別気動車AT-700形を使用し、

東武日光鬼怒川温泉から会津若松まで、東武鉄道野岩鉄道会津鉄道

JR東日本の4社を直通する快速列車です。快速列車といっても、ほとんど

各駅に停まるうえに全車自由席なので、気軽に乗ることができます。

緊急事態宣言全面解除から1週間。観光客も徐々に戻り始めているようですが、

東京から会津へのアクセスは主に高速バスとJR東北新幹線磐越西線

担っており、このAIZUマウントエクスプレスは穴場のようです。

実際、始発駅でもあまり混雑はしておらず、乗客の多くは途中駅で降りていき、

区間を乗り通した乗客は私を含めてごくわずかでした。

 せっかく会津若松に来たというのに、市内を観光することもなく、

駅前の旧貨物駅跡を見たりしていました。

 復路は郡山を経由する会津アクセスのメインルートを使うことにしましたが、

磐越西線には以前に乗ったことがあるので、今回は高速バスを使うことに

しました。高速バスは回数券を使えばJRより圧倒的に安く、運転本数と

所要時間でもJRより有利に立っています。

実際に乗ってみた感想としては「あまりにも便利で、もうJRには戻れない」

でしょうか。建設時期の技術力に大きな開きがあるとはいえ、

単線で勾配もきつい磐越西線を走る鉄道と、片側2車線で直線的に建設された

磐越自動車道を走る高速バスとでは勝負になりません。

JRも快速列車を中心としたダイヤで対抗していますが、そもそもの土台が

違いすぎますね。歴史のある磐越西線ですが、都市間連絡の役割は既に

高速バスに主役の座を明け渡していると言ってよいでしょう。

 なお、この日の昼過ぎ、JR東日本の蕨変電所で火災が発生し停電。

首都圏のJR線は運転見合わせとダイヤ乱れで大混乱となっていました。