7月20日

7月20日(旧海の日)は、はいふりの岬明乃ちゃんの誕生日でした。

おめでとうございます!

TLがミケちゃんお祝いツイートで埋め尽くされて目が幸せでした。

 

 

京都アニメーション放火事件

7月18日、京都アニメーションの第1スタジオに不審者が侵入し

ガソリンを撒いて放火、34人が死亡する惨劇が起こりました。

ニュースを聞いて戦慄しました。

亡くなれた方の冥福を祈るとともに被害に遭われた方々の回復を

祈るばかりです。

私が深夜アニメに興味を持ったきっかけが「涼宮ハルヒの憂鬱」でしたから

京都アニメーションは私の人生をオタクに変えた企業でもあるのです。

繊細な作画と美しい色合い、よい原作をさらにすごいものに昇華させる、

アニメ好きであれば知らぬ人はいない、世界に誇る職人集団がこんな悲劇に

襲われるなんて誰が想像したでしょうか。

同時に過去の原画や資料も全て焼失したとのことで、

被害の大きさに言葉がありません。これは現実なの?嘘だといって…

それ故に、身勝手な理由で放火した犯人には強い怒りを覚えます。

京都アニメーションの復活をアニメファンの一人として願います。

 

初夏の一時帰国

中国が端午節で3連休になったので、

6月7日から9日まで日本に一時帰国してきました。

ちょうど船橋自衛隊千葉地本のマリンフェスタが開かれるし、

ハリウッド版ゴジラの新作も公開されてるということで。

6月7日は日本が梅雨入りし、行きの飛行機は途中かなり揺れました。

 

6月8日は朝から京葉埠頭で開催されるマリンフェスタへ。

朝は小雨が降っていましたが、幸い悪化することはなく、涼しい一日でした。

徒歩だったので新習志野駅から会場までは貸切のシャトルバス。

運転は陸自の隊員の方がされていました。

主な展示は以下の通り

・海自護衛艦「あまぎり」DD-154一般公開

・空自PAC3展示

陸自11短SAM展示

・チャレンジングSHIRASE2019 第1回

早いうちに来たのですが「あまぎり」の方は既に行列ができていたので、

先にSHIRASEを見学しました。

こちらは閑散としており拍子抜け。

現役は引退していますが本物の南極観測船の中に入ったのは今回が初めて。

船内のあちこちをじっくり見てきました。

昼近くになっても客足は鈍く、行列が形成されることはなかったので、

護衛艦「あまぎり」の方もゆっくり見学できました。

 

夕方からは千葉の京成ローザでハリウッド版ゴジラの新作を観ました。

 

翌日は大学卒業以来久しぶりに千葉公園へ。

今年も開花が始まった大賀ハスを見てきました。

千葉駅から成田空港までJRで移動し、中国に戻りました。

祝・改元「ありがとう平成・よろしく令和」

 

 

 

 

平成終わりへのカウントダウン

いよいよ明後日、4/30の深夜をもって、

30年続いた「平成」の時代が終わります。

日本でしか感じられない一つの時代の区切りがやってきます。

昭和の終わりのときの記憶はないですが、少なくとも

「もうすぐ昭和が終わりますねえ」なんて気軽に言える雰囲気では

なかったのは確かでしょう。

それを当事者として一番近くで感じていらっしゃったからなのか、

今上天皇陛下が生前譲位を望まれたことで、

昭和の終わりのような暗い雰囲気の自粛がされることもなく、

平成を穏やかに振り返える機会ができ、

「ありがとう平成・ようこそ令和」のキャンペーンが全国で展開され、

大いに盛り上がりを見せています。

結果としては大正解だったわけで、

陛下が本当に考えていらっしゃったのが、ご自身の体調ではなく

私たち国民の幸せであったというのを実感し、

ただただ感謝の念でいっぱいです。

 

改元に伴い、日本は4月27日より最大10連休という前例のない大型連休に

突入しました。

日本全国、臨時列車や改元記念キャンペーンが多数設定されているようです。

まあ、海外赴任中の私にとっては関係ない話なんですけど…

(本音)休みたい。日本で雰囲気を共有したい。あああ!

 

 

 

 

 

日本の春を求めて一時帰国(3日目)

やっぱり3日間じゃ足りない…

中国に戻らなければならないこの日、

スカイライナーに乗る前に上野公園を散策。

少し早めに京成上野駅に戻ったら、

なんと成田スカイアクセス線内の信号トラブルで

スカイライナーが全便運休になっていました。

私は急いで本線特急に乗って事なきを得ましたが、

不案内な外国人は大変だっただろうなあ…

 

日本の春を求めて一時帰国(2日目)

本命の2日目は、富士駅から身延線中央本線篠ノ井線を経由し

長野駅まで春の甲信を縦断しました。

天気にも恵まれ、清々しい一日となりました。

身延線は初めての乗車。特急ふじかわで終点の甲府まで乗り通しました。

373系も結構なベテランとなりましたね。

甲府はちょうど桜が満開を迎えており、この日は「信玄公祭り」の最中。

汗ばむような陽気の中、駅前の甲府城の桜を楽しみました。

甲府城は信玄公が造った城ではないんですけどね。

総石垣の立派な城跡で「お屋形さま」と呼ばれた信玄のイメージではない。

時間の都合で1時間ほどで引き揚げ、特急あずさで松本へ。

お別れ乗車でE351系とE257系ばかり乗っていたので

最新型のE353系は全車置き換えが完了した今回が初の乗車でした。

松本では駅前の食堂で山賊焼き定食(ごはん大盛)を食した後、

久しぶりに松本城を訪れました。

今年の信州は桜の開花が遅れており、松本の桜も大半はまだつぼみの状態。

その代わり梅の花は満開でした。

松本は外国人観光客に人気とのことで英語の案内が増えていましたね。

最後は特急しなので長野駅まで。

この区間はもう何度通ったか数えきれないですね。